月刊エクステリアワーク6月号

月刊エクステリアワーク6月号表紙

昨年弊社で中庭・ガーデンルーム・エントランスをリフォーム工事させて頂きました、前橋市の調剤薬局・元気の森(井上薬局)、井上社長様のインタビューにご同行させて頂きました。

エクステリア業界と薬局業界は全く共通点がないように思われますが、井上社長と仕事をご一緒させていただきお話を聞いていると、共通点がいくつか見えてきました。

例えば、エクステリアは建築の付随工事と思われ、薬局は医師の付随であると思われています。

建築があって庭を作る、医師の処方箋で薬を提供する。一般的にはこんなイメージだと思います。

ただ、弊社では庭から始める家づくりを推奨しています。

あくまでも庭中心ではなく、土地・ハウスメーカー様が決まった時に、共に生活動線等と考え、建築に合わせ建物・エクステリアが際立つようデザインを考えています。

今回、井上社長は薬局にカフェを併設し、お薬を貰いに来たついでに気軽にお茶を飲みながら、簡単な健康診断が出来るスペースとして『らしくるカフェ』を開設したそうです。

健康診断に中々行く機会の少ない主婦層をメインに、健康アドバイスを気軽に聞くことができ、時には医師への紹介もできるように、健康に対する意識の向上に繋がればと今回のオープンに至ったそうです。

コロナ禍で延期になっているそうですが、企業への出張健康診断も計画してるそうです。

受身から攻めへの姿勢にとても共感でき、エクステリアワークの佐倉社長にご提案させて頂き、今回のインタビュー掲載に至りました。嬉しいことに、カラー見開き4ページと大きく掲載して頂きました。

詳しくは記事をご覧下さい。

月刊エクステリアワーク6月号

月刊エクステリアワーク6月号

月刊エクステリアワーク6月号

月刊エクステリアワーク6月号

 

記事画像をクリックするとpdfデータが開けます。

またはこちらから ➡️ 月刊エクステリアワーク2021年6月号 P26~29

エクステリアワークについてはこちら ➡️ EXTERIOR WORK

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です