天然芝専用保護材「グラスフィックスエコ」

環境先進国オランダ生まれの天然芝専用保護材「グラスフィックスエコ」を国内初施工してきました。

素材は家庭用廃棄物を収集・分別・洗浄システムによって製造される、リサイクル高密度ポリエチレン(HDPE)で作られています。

 

特殊なハニカム構造に天然芝を植える事により、公共施設や店舗などの駐車スペースを緑化する事ができます。

 

通常の芝生ですと、そのまま車を止めるとワダチができ、芝もダメージを受けてしまいます。

「グラスフィックスエコ」はハニカム構造で約170t/㎡(芝を含んでいない状態)の強度を持っているため、大型バスなども駐車可能な舗装材です。

駐車スペースを芝生にする事により、ヒートアイランド対策や視覚による癒し効果を得る事ができます。

まだまだ日本ではあまり知られていない商品ですが、今回の施工事例を広めながら施工実績を増やし、ヒートアイランド対策を推進していきたいと思っています。

ご興味のある方は現場見学可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

天然芝専用保護材「グラスフィックスエコ」グラスフィックスエコ  560mm×380mm×32mm (写真は2枚分)

 

 

天然芝専用保護材「グラスフィックスエコ」下地づくり

下地完成です。

 

 

天然芝専用保護材「グラスフィックスエコ」を隙間なく並べます。

「グラスフィックスエコ」を隙間なく並べます。

 

 

天然芝専用保護材「グラスフィックスエコ」3tダンプが乗ってもびくともしません。

弊社の3tダンプが乗ってもびくともしません。

 

 

天然芝専用保護材「グラスフィックスエコ」黒土をダンプで搬入。

黒土をダンプで搬入しました。

 

 

天然芝専用保護材「グラスフィックスエコ」黒土を全体に敷きならします。

黒土を全体に敷きならします。

 

 

天然芝専用保護材「グラスフィックスエコ」高麗芝を隙間なく敷き詰めます。

高麗芝を隙間なく敷き詰めます。

 

 

天然芝専用保護材「グラスフィックスエコ」1tローラでしっかり転圧します。

1tローラでしっかり転圧します。

 

 

天然芝専用保護材「グラスフィックスエコ」芝生の表面にハニカム模様が浮き出れば完成です。

芝生の表面にハニカム模様が浮き出れば完成です。

 

 

天然芝専用保護材「グラスフィックスエコ」国内初施工!

ハニカム構造の中にシッカリと芝生が入り、天然芝の駐車場完成です。

ヒートアイランド対策として「グラスフィックスエコ」の他に、砂利地盤安定剤「グラベル フィックス プロ」も施工実績多数ありますので、こちらも併せてご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です