リビングから庭につながる一体感

 駐車場から庭→デッキ→リビング、リビングからデッキ→お庭→駐車場へと導線を第一に考えました。リビングと庭の一体感を楽しめるよう、庭に盛土をし高さを出しました。庭と駐車場の境界も高低差をなるべく低くすることで、庭を広く使えるようデザインしました。今回の施工は、以前より親交がある長野県安曇野市エクスリーフさんに施工して頂きました。

 門まわりにLIXIL デザイナーズパーツ 枕木材(70角 グレイッシュオーク)で高低差を付け、45°の角度で、門袖を囲うように設置しました。 門袖は、ギャザー タイル ハイウェイブを2色使用し、市松貼りでアクセントを付けました。ポストはユニソン ルージュムント(アルミシルバー) 表札は美濃クラフト ステンレス表札リル LL-9、門扉にLIXIL ジオーナFM型(クリエモカ+ナチュラルシルバー)親子扉を使用しました。

 デッキは、LIXIL タイルデッキをお勧めし施工しました。W4800 D3600と広いデッキになりました。サビ御影のピンコロで砂場も作りました。お子様が大きくなり使用しなくなっても、花壇や植栽スペースとして再利用できるのでおすすめです。

 庭の植栽は、ヒメシャラ株立ちH4.0m、アオハダ株立ちH3.5m、モミの木H3.0m。芝生は高麗芝です。

 門まわりのライトアップ

 門まわりのライトアップ

 門まわりのライトアップ

 玄関まわりのライトアップ